霜月のささやき

魂で革命を

この国はなんだか変だ、とは思っていたが、

「ドイツではワイマール憲法がナチス憲法に変わっていたんですよ。
誰も気がつかないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね」と
麻生財務大臣が2013年7月29日に発言した。

そして彼らはこの2年でその通りにやってきた。

ナチスのような独裁国家を作ろうとしている。

秘密保護法、安保法(98条と99条)。
内閣総理大臣は・・・緊急事態宣言を発することができ・・・
何人も・・・国の公の機関の指示に従わなければならない・・・
と着々と法律を作っている、この事実!
(伊藤塾 意見広告 10月22日より)

今まで政治に関心がなかった、という責任は逃れられない。
しかし3・11以降、目を開かざるを得なくなった。
余りにも矛盾が多すぎて。

少なくとも私の周りではたくさんの人々が話し始めた。
疑問を持ち、歴史を調べ、専門家の意見を聞き、
今までほとんど知られなかった事実に関して出版された
たくさんの本を皆で読みあさり、映画を見て、話題にし続けてきた。

そして今やっとこの国で民主主義らしきもののうねりが、
あちこちでおきて来たのではないか。

ニュールンベルグ裁判で、H.ゲーリングが「国民を戦争に参加させるのは、
つねに簡単なことだ、国民には攻撃されつつあると言い、
平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると
主張する以外には、何もする必要がない」と証言したそうだ。

そう、平和主義者が非国民として扱われる、という歴史が日本でもあった。
今も権力側からは非国民扱いされているかもしれない。

それでも平和を望む者として私は言いたい。
対話をするために。

私は戦争は反対だ
安保法案は反対だ
平和は平和な方法でしか作れない
武力で平和を守るとは錯覚だ。
武力を持つと隣人の不安と恐怖をよぶ。
武力を捨てれば、人はホッと安心をする。
単純な心理であり真理だ。
非暴力が手段だ
平和憲法は人類の宝だ。

アメリカという戦争国家の片棒は担がない。

歴史を見ると人は戦争を繰り返してきたが、戦争をしなかった時、
戦争の起きない場所もあった、ある、ということを忘れてはいけない。
戦争を起こすのは、欲、不安、恐怖、怒りという感情だろう。
要因があって出てくるものだから、それらを見極め、
取り除き、制御することはできる。
人は少しづつ成長し、よりよい明日を作ることが出来る。
平和のために、個が今出来ることをし続ける。

独立したい!
命を大切にする場をつくりたい。
コスタリカのように

革命をしたい
魂で革命をする
たましいでかくめいをするのです。

Nob