水無月のつぶやき

先月の末、納戸で生まれた子猫は一ヶ月を過ぎ、
ネズミのような大きさからは少し大きくなったが
まだ小さい、としか言いようがない。しかし
離乳食を食べ、おやつに専用ミルクを貰い、トイレは
設置した場所にしっかり自分で行い、毛糸玉やら
おもちゃでひとり遊びをし、人の指を相手に戯れ、
毛づくろいをしたり、人を見つめたり、追いかけたり、
すごく元気だ。
エリシャと名前をつけた。

今まで犬派だったので猫の体験は初めて。
改めて生き物というのは個性的だなあと面白がっている。

まだ外に出せない。息子手製の檻の中に閉じ込めてある。
野良猫が庭をうろうろしているし、この子の母もいるし、
ドラに食べられてしまうかもしれないと脅されてもいる。
本当に小さくてカラスなんかに見つかったら
ひょいと持って行かれそうだ。

エリシャの母は他のきょうだい達ををどこに隠しているんだろう。
ご近所でラスカルという名をもらったもう一匹の母猫がいて彼女の四匹の子供たちは
もう猫っぽくって親の半身ぐらいあってカフェの周りを飛び回っている。可愛い
さかりだ。

エリシャがこの家の子になってから家の中の空気が柔らかくなった。
小さな命というものが優しさを引き出すらしい。
優しさというものは人はみんなたっぷり持っているんだけど日常生活ではめった
に出さない、
とかいう流れになっているみたいだ。
優しさを必要とする対象があるということが優しさを引き出す。
一度引き出された優しさは解放される。

人の子だって、赤子はもう可愛いと思うしかないわけで、
皆が可愛い、と感じるからこそ無力なその命が大事にされ生き延びることができる。
保護膜として人の優しさ、なんだろうとか思う。自然の仕組み、天の采配だろうか。

ここそこの優しさを解放してくれたエリシャは天からの贈り物のような気がする。

皐月のつぶやき

緑に圧倒されている。 桜が散ったと思ったらあっという間にあちこちで新芽が出始め、 今や新芽も大きく育ちしかしま… もっと読む »

卯月のつぶやき

ドイツのテレヴィZDF局で製作された「ふくしまのうそ」というドキュメンタリーシリーズにおいては、淡々と研ぎ澄ま… もっと読む »

弥生のつぶやき

本に出合う 人に出会う 似ている 本にめぐり合う スパークする アトランダムに飛び散る 大きなカーオスに放り込… もっと読む »

如月のつぶやき

「ハンナ・アーレント」という映画を見た。 思想家?社会学者?哲学者? いい映画だった。感動があった、そして考え… もっと読む »

睦月のつぶやき

家族について思いをはせる日が、教会の暦ではクリスマスと新年の間にはさまれている。 紀元前200年ごろに書かれた… もっと読む »

師走のつぶやき

おお、エルサレムよ! 汝、エルサレムよ! オリーブ山の頂に立った時、突然その姿が目に入った。 想像していたより… もっと読む »

霜月のつぶやき

我が子の結婚式というのを初めて体験させてもらった。 若い二人の意向で、私のカフェで結婚式を、という話が出た。 … もっと読む »

神無月のつぶやき

北海道の襟裳岬に近い浦河という街に べてるの家がある。過疎の地である。 今年のべてる祭りは8月10日に行なわれ… もっと読む »

長月のつぶやき

秋の気配が少しずつ暑さの中に入ってきているこのごろ、 自営の気楽さ、裏に引っ込みソファに横になる。心地よい風が… もっと読む »

葉月のつぶやき

北海道の浦河町にある「べてるの家」を見学する「べてるツアー」があるのだが、 今年の夏のそれに参加することにした… もっと読む »

文月のつぶやき

コミュニケーションというのは本当に難しい事で、如何に、ということではなく それ以前の人と人の関係にカギがあるの… もっと読む »