水無月のつぶやき

毒母という言葉を初めて聴いた。
母源病とかいう言葉はかなり前からあるが、毒とまで言い切るとはすごい。

毒母は ドクハハ、ドクボ、とか読むようで 毒ママという言葉もあるらしい。
アメリカの精神医学者、スーザン・フォワードという人が、毒親という言葉を使ったのが初めらしい。二十年以上も前のことだ。
その業界では既に使われている言葉だとあらためて知った。

その言葉を知った翌日、エロール・ル・カインという絵本作家の展覧会を見た。
そこにその毒母の絵があった。美の女神ヴィーナスが自分より美しい人間の娘に嫉妬し、いじめている時の顔だ。

その美しい娘プシケーは、お姑のヴィーナスよりたくさんの困難を課題として与えられ、果たさなければならない。
少しおバカなので(この辺が人間であるという証)決してやってはいけない、という禁断のことが守りきれない、そして、いつだって、ピンチにおちいる。人間の生き様そのままだ。
でも必ずどこからか助けが入り何とか切り抜ける。神様方が助けてくれて、結局はハッピーエンド、というのはなんともありがたい。

毒母かもしれない自分。もはやプシケーであるとは感じない自分。

昔昔、小学校の頃、母の日が近づくと、赤い造花のカーネーションが配られた。安全ピンが付いていて胸に付ける。白い造花もあった。それは母の死んでしまった子が付けるのだ。
これは本当だったのだろうか?今、ふっと思い出して、現実だったのか?とびっくりしている。
母のない子はどんな気持ちで白いカーネーションをもらったのだろうか?

花屋さんへ行って、白いカーネーションを買った。私はもう母のない子だから、というわけではないが、赤のメジャーなふてふてぶてしさがいやだったから。
今は亡き娘がピンクが好きだったので、傍らにあったピンクのカーネーションも買った。
母になりたいと思い、母になり、毒は、やはり持っているだろうと感じながら、ある意味の母役は終え、しかしまだ母であり続けている私が、白とピンクの
カーネーションを飾る、母の日、2015年。

皐月のつぶやき

ばおばぶでは二ヶ月に一度連句を楽しんでいる。初めてからもう数年経つが、三十六歌仙はまだ一回しかやったことがなく… もっと読む »

卯月のつぶやき

この日に今年で四回目の「三・一一 について語ろう」という集まりをばおばぶで行った。 十二名の人々が己の感じるま… もっと読む »

弥生のつぶやき

「路地のあかり」という本を友人から頂いた。その友人はいつも私が自分では決して買わないであろうという本をくださる… もっと読む »

如月のつぶやき

「神々と男たち」 というDVDをもらったので見てみた。 1996年にアルジェ紛争でイスラム軍に誘拐され殺害され… もっと読む »

睦月のつぶやき

ばおばぶは、古い建物なので、昔風の縁の下があって、そこへは潜り込むことができる。ノラさんたちとしては絶好の住処… もっと読む »

師走のつぶやき

「カロル・教皇になった男」というDVDのをばおばぶで友人たちと見た。 日本では最近翻訳されて売り出された。 ス… もっと読む »

霜月のつぶやき

”ばおばぶ”ではいま松崎紀一さんの陶人形展をやっている。今年で十回目となる。 スラリとした乙女達がまずは迎えて… もっと読む »

神無月のつぶやき

神無月とは、出雲での会議のために神様が留守の月とか、神無の無は”の”で神の 月なのだとか言われているが、 どち… もっと読む »

長月のつぶやき

関西に行く用事があったのでついでに京都にいる息子のところに 泊まらせてもらって少し遊んだ。 鞍馬山に一人でふら… もっと読む »

葉月のつぶやき

この「大いなる沈黙へ」という映画が2005年に出来ていて、なぜ日本は今頃なんだ、と思ったけど見終わって、やはり… もっと読む »

文月のつぶやき

旧約聖書は読みづらかった。 世界の創造から始まり、2000年前のキリストが生まれる前で終わっている。 ユダヤ教… もっと読む »