師走のささやき

こはる 立冬や命一つをあずかりて この立冬の日、ばおばぶではライブをしていた。笛とパーカッションと踊り。 音は… もっと読む »

霜月のささやき

星野道夫 ばおばぶというカフェを始めて14年程経つ。長年立つと常連と呼ぶよりは、 仲間や友人と呼んだほうがしっ… もっと読む »

神無月のささやき

旧約聖書からみえてくること: 前にも旧約聖書のことを書いたことがあると思う。いつ読んでも何かが引っかかってくる… もっと読む »

長月のささやき

半世紀 大学一年生を終える春は弥生 なんとなく物足りない日々 「行動せよ」と聞こえてくる声  行動ってなあに?… もっと読む »

葉月のささやき

7月中旬だ、あ~あ、がっくりだ。 相手は、つまりプロの政治家たちは、何十年とそれを組織的に専門にやってきている… もっと読む »

文月のささやき

謙虚に自分を知る一日というのは、祈り三昧の千日に勝る。 (アヴィラの聖テレジア) コキを古希と書くにはまだ抵抗… もっと読む »

水無月のささやき

星野博美著「みんな彗星を見ていた」を友人から貰って、 内容も吟味せずになんとなく読み始めたのだが、 休日だった… もっと読む »

皐月のささやき

カフェギャラリーばおばぶに於いて、デレビドラマの撮影が行われた。 今日本テレビで放映中の「世界で一番むつかしい… もっと読む »

弥生のささやき

ケッカフザ 結跏趺坐、というと 仏像が座っている姿勢のことで、 組まれた足先が腿の上に重ねられ、下半身がしっか… もっと読む »

如月のささやき

黒い聖母像がモンセラートに祀られていた。 スペイン人はキリストよりもマリアのほうを大事にしているのではないかぐ… もっと読む »

睦月のささやき

昨年中に新しく始めたことが、歌を歌うということだった。 コーラスでもなく、カラオケでもなく、一人で朗々と歌いた… もっと読む »