霜月のかきちらし

この神無月はなんと異常に荒々しく過ぎたこと!!
素敵な語りのコンサートががふたつほどあったけど、
大きな台風が二つも正面切って来るぞ~と構えたのはまれにみることだったけど、
ともかくシーーーンという落ち着き、静けさがなかった。流れがいつものように平穏ではなかった。

ある場で、超えることのないはずだった柵を超えてしまった。言葉は剣になる。
それがきっかけで起こるはずのない破壊的な現象が起こってしまった、
剣を振りかざし、振り下ろしてしまった、確実に相手を傷つけただろう、
傷ついた相手は違う方向からの切り込みに対立し剣を振り下ろした、
何が飛び出したのかわからない程の流れが始まり、双方傷を付け合うばかり、
ちゃんばら騒動が始まってしまったのだ。
今の世の中の常識的な空気だったら、
きっと誰かがまあまあといいながら間に入って丸くおさめるはずだったのだが、
それがなかったとは、なんだったんだ。

しかし反対に今まで認めることのできなかった価値を公平に見るようになっている発見もあった。
素直によしと感じる心があるなんて、と気づいたこと。
その人を嫌いだから作品も嫌、ではなく作品自体を見るようになったなんて素敵だ。
思い込みというのは強いものだと思っていたが、外れることも可能なのだ。
外すということは簡単で、まっすぐに見ること、ただこれだけ。

友人にもとんでもない事が起こってしまった、と偶然聞かされた。
ばおばぶでの一大騒動と同じ頃だった。
この時期がこの神無月が宇宙の流れの中でそういう時だったのだろうか、
つまり大きな波がうねり、皆がその波に翻弄された時だったのだろうか。

秋になるまえの台風のように、クラッシュし、
隠れてた命がむくむくと起き上がる時、

ばおばぶの中でもクラッシュ&ビルドは常に起こっているようだ。

変化するのだ。

宇宙万物は変化し続けているのだ。

長月の書き散らし

7月に精神科医の齊藤学先生がばおばぶに来て、おはなしの会をしてくださった。何気ない自己紹介からテーマはいろいろ… もっと読む »

葉月の書き散らし

大学を卒業して50年、記念の同窓会があった。 一瞬識別つかない人が半数ほどいたが、私自身が一番誰だかわからなか… もっと読む »

皐月の書き散らし

今の花が一番きれいだ、と感じる時がある。裏庭の桜は老木で枝もまばら、背も高く、下からだと見えるのは幹と下枝だけ… もっと読む »

卯月の書き散らし

又話がクイーンに戻ってしまう。もう桜が咲くだろうという頃なのに、正月に「ボヘミアン・ラプソディ」を見て以来、y… もっと読む »

弥生の書き散らし

「ある葬儀屋の告白」キャレブ・ワイルド著 を読んで 葬儀屋としての日常の業務を語りながら、彼の出会う一つ一つの… もっと読む »

如月の書き散らし

大評判だと聞くとかえってそっぽを向くひねくれ者だけど、今回は行ってみようかな、という気になったのは、その映画を… もっと読む »

師走の書きちらし

焼きリンゴが美味しい季節だ。紅玉のすっぱみが火を通しての甘味とうまく調和している。ばおばぶでの冬の人気商品だ。… もっと読む »