『ばおはい』第123回(ばおれん)

午前中が映画「はての島のまつりごと」上映会で
ギリギリまで与那国島の、われわれの国の問題を
熱く分かち合いしていました。
ざくろのポカで夢追い人さんの誕生日を間違えたのですが、
でも祝い、満月を祝い秋の夜もふけました。

二千十五年 神無月 二十七日   俳諧の連歌

駅弁と眠りで続く秋の旅 甘猫
芒野原に狐の走る 夢追い人
月を背に薔薇買う男街角に ざくろ
取引先の地図を広げて 桃古
言い訳は辻褄合わせ泣きっ面 じょあん
子供は昼寝蝉時雨 きんべ
縁日で風船釣りと金魚釣り よもぎ
小屋の裏から男と女
夢醒めて煙くゆらせ膝抱え
流行りものなり哲学のカフェ
ひとすじの道を照らした冬の月
夜中のトイレノックの響き じょ
神社にてお祓いうけて晴れ晴れと きん
白鳩とまる銘木の松 よも
太平洋眼医者自慢のクルーザー
春霞中頭朦朧
花の宴ソロモンの妻二千人
座れば楽し若芝の上

間違い月ではありましたが、
夢追い人さんへの誕生句