日本の難民について語る会

医師  山村淳平 さんのお話 と みなさんとの対話

世界が少しでもより良い方向へ向かうように、という願いは、
皆様、心のどこかにお持ちではありませんか。

誰かがどこかで不幸でいたら、知らん顔をして幸せでいることは出来ないでしょう。

自分の世界観には限りがあります。
時々いろいろな方面の 勉強をしたくなりますね、世界を知るため、人を知るために。

ここに現れたのが山村淳平先生です。 難民問題について語ってくださいます。
アムネスティーの友人を通して紹介されました。
アジアの現場で医師として働かれ、日本でも特殊で困難な位置にいる難民の方々をお助けする
医療従事者であり、数冊の難民問題の本を書かれる論客でもあります。

今世界のあちこちでわけのわからない紛争があり、仕掛けている当事者には 理由があるらしいのだけど、
経済、政治のそれぞれの理論が 勝手にまかり通り、宗教という平和を人に伝えるはずのものが、
戦いのために利用されていたり、
何故なんだ~???と大声を上げたいくらいです。

理不尽だらけ!日本が歴史修正主義と言われ、その通りで困ったものですが、
だからといって他の列強国が例えば歴史上の植民地主義という悪を、己の罪と認めたことがあるのか?

そういうすべての理不尽を生身の人間が体現しているのが難民問題ではない か・・・?
と 感じています。
彼らを見つめた時、透けてくる世界が見えるはずです。

国内のいろいろな問題でも、疑問を持ち、怒りに駆られ、なんとかせねば、と燃えている人々が増えて
いますよね。

その私たちも、難民と同じように、歴史の大きなうねりの中で翻弄されているのかもしれません。
だからこそ、見つめましょう、考えましょう。

どなたでも、ばおばぶが初めての方でも、どうぞ語り合いましょう。

2016年2月6日 午後2時より 
ばおばぶにて
山村淳平先生のお話 「難民問題について」 と対話の会
無料orドネーション

  カフェギャラリー&窯ばおばぶ
  横浜市金沢区金沢町66
  tel.045-701-7516
mail:baobab@cafegallerybaobab.com
H.P: http//www.cafegallerybaobab.com/

京急金沢文庫駅より称名寺方面へ歩いて6分