『ばおはい』第159回(ばおれん)

春めいたかな、と思うとまた寒さに震え、でも人数が揃い展開が広がりました。前回、睦月の連句に何やら大変な間違いがありましたが・・・

本日の投句:

俳諧の連歌

線路沿いぽんぽんぼんと梅の花 櫻花
二日灸するせんべい布団 夢追い人
ひなあられ好みの色をつまむらん 甘猫
ロックは響く二軒先まで ざくろ
秋の月一人忙しく酒を飲む きんべ
富士の初雪空から眺む 甘猫
夏過ぎて埋め立て進む珊瑚礁 夢追い人
テラヘルツ買い宝くじあて きんべ
シャウトして魂えぐる彼の声 ざくろ
震える肩にそっと手を添え 夢追い人
お揃いの指輪を探す銀座裏 甘猫
見知らぬ爺の老木を褒め ざくろ
夏の月神社の屋根に猫二匹 きんべ
虫歯こらえて宿題をする 甘猫
夢の中駅弁かかえ乗車する 夢追い人
子供に戻り川魚追う きんべ
花盛り平成これにて散りぬるを ざくろ
土手のつくしの籠にいっぱい 甘猫