「平家物語」を終えて:

「平家物語」を終えて:

昨日、12月9日に 「平家物語」 の朗読ライブが行なわれた。

予定になかったけれども、急遽、ピアノとホビスというモンゴールの楽器が加わり、効果は更にまし
眼前に平家、源氏の彼らが見えるような気がしてきた。地獄の火に焼かれるかのごとし平清盛の最後、
那須与一の、この一矢にかけた息づかい、風、波,両陣営の緊張、心臓のドキドキが聴こえてくるようだった。

「義仲の最期」が松崎さんの十八番で、これはもう原稿なし、のびのびと彼はうたった。。義仲と頼朝、
義仲と巴御前、義仲と伊藤四郎、それぞれの人間関係によるドラマだ。芭蕉のエピソードも後で聞けた。

あ~あ、どうしてヴィデオを取らなかったんだろう! と 中盤あたりで気がついてくる。

正に一郷一会で、今しかなかったんだ。